FC2ブログ

ひら工房のとれんでぃ~浴場

未分類 作品 散歩 小間物問屋 インテリア おいしい show お洒落★ photo 田中陶器店 頭の中 園芸 道中記 login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

去年の奈良旅日記5

去年の奈良回想録、
まだ当分続きますよ…。

2日目は法隆寺に行きました。
法隆寺駅から結構歩きます。

家の造りとかが私の住んでいるところと全然違うので
街歩きも面白いのですが、
暑いし日陰はないしのハーフ&ハーフで
熱中症と疲労のフーハ&フーハになり、帰りはバスに乗りました。
冬以外はバスがおすすめ…って、
そうだよ、奈良大和路ゆうゆうきっぷがあったじゃん!
行きもバス乗れば良かったよ。

★奈良大和路ゆうゆうきっぷは
新幹線と電車、バスがフリーで乗れる
お得な切符だよ!



人がいなくてビックリ!
なんで?オフシーズン?
長〜い参道。

130910_1.jpg


柿食えば〜
鐘が鳴る鳴る法隆寺〜

130910_2.jpeg

本当に鐘が鳴っててキャッキャしちゃう。
柿食ってねーけど。
これ、フィルムのマニュアル一眼で撮った。
やっぱり雰囲気違うな〜。

仁王様も一眼で撮った。
阿形。

130910_3.jpeg


吽形。
ばっちりアイコンタクト!

130910_4.jpeg

迫力あるポージングが素晴らしいよね。
デッサンしたい。
石膏デッサンの授業はギリシャ彫刻でなく
こういうのが楽しいんじゃないの?日本だし。


法隆寺では改修工事のための寄付を募ってて
瓦を1枚寄付すると、その瓦の裏に名前が書けるの。

130910_5.jpg

文化財に自分の名前が残せるって、すごいじゃないか!
法隆寺の瓦の1枚は私の名前が刻まれておるのぢゃ…。
って、墓石に彫って代々まで伝えたいよね。

寄付をすると聖徳太子の憲法が頂けます。

130910_6.jpg



法隆寺は観光客もあまりいなくて
静かにゆっくり堪能できた。

五重塔を見てたら係の方が声をかけてくれて
樹齢うん百年という楠まで案内してくれた。
この楠は長寿になれるという縁起のいい木だそう。
そんなに大きくないんだけど、もの凄い迫力の古木で
あんな事件、こんなスキャンダル、全部まるっとお見通しなんだな〜、楠さんは。
と悠久の年月を感じずにはいられませんでした。

まわりの人も全く気がつかないところにあるので
法隆寺に行く人は絶対見た方がいい!



このあと奈良市内のホテルにチェック・院!して
夜の散策をしました。

奈良女子大の回りにガイドブックに載ってないような
雑貨屋を発見するも休みだったり
営業時間が終わってたり、珍道中で面白かった。
奈良の夜は思いのほか早い!!

東大寺の裏から奈良公園に入りましたが
森みたくなってるところもあって夜はかなり暗いよ…。

ビクビクしていると…
ギャー!

130910_10.jpg

シカだった〜!

130910_11.jpg

かなり暗くて不安になるんだけど、
地元の人たちが通勤、通学で奈良公園を通ったりしてるので
わりと安全なのかも。

東大寺の門。
りょうちんに明かりが灯ってかっこいい!

130910_7.jpg


大変大きい仁王様。

130910_8.jpg


博物館。

130910_9.jpg


夜の奈良公園は観光客が全然いなくて
シカは「えぇ!ここにもいるの?!」と、
あらゆるところにいるし
変な声で鳴いたりしてるし
凄く面白い散歩ができた。

COMMENT

COMMENT FORM


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://hirakobo.blog133.fc2.com/tb.php/186-2d606fd6

プロフィール

ひら工房

Author:ひら工房
♥桑沢デザイン研究所卒。
♥小間物問屋所属。

ラッピング用品メーカーで企画デザイナーをしてました。
某乳業メーカーのパッケージデザイン会社にいたこともありました。

コンクリートジャングルを漂流して、フト気づくと独りで仕事をしていました。

フリ~のお仕事の他に、友人と2人で「小間物問屋」を営んでおります。

♥小間物問屋
タンスの引き出しにそっとしまっておきたくなる大事な物を、幼いときの気持ちのまま作っています。
制作物はポチ袋、祝儀袋、手提げ袋、グリーティングカードなど。


♥好きなもの
銭湯、昭和、茶色い板、紙、ジャンク、バーレスク、80%off

♥将来の夢
お花屋さんになる

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

FC2Ad

/design by bitter Roc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。